低カロリー食では痩せない?カロリーの真実とは?

低カロリー食や食事制限ダイエットは
更に太る為の自虐行為です

 

1.低カロリー食では痩せない?

 

低カロリー食を続けていると、最初は痩せるけれど、後はかえって太りやすくなってしまう。
このしくみについて、お話ししましょう。

 

例えば、今まで1ヶ月3万円の食費で生活をしていた人が、何らかの事情があって、1万円で生活せざるを得なくなったとします。
今までは、1日1,000 円は使えたのに、それが3分の1になってしまうと生活するために無駄遣いを抑え、やりくりしようと誰でも考えるでしょう。
これは体も同じ事なのです。毎日2,500kcal食べていた人が、ダイエットで1,500kcalに減らすと、体はそのカロリーでやりくりするようになります。

 

なるべくエネルギーを節約しようとするため、基礎代謝量は低くなり、体から熱の放出も少なくなります。
また、食べる量が減ると、筋肉に含まれるアラニンというアミノ酸を使い、肝臓で糖をつくり、それを血液に送り込みます。
これを"糖新生"と言います。比重の重い筋肉が減るので、最初は体重が減ります。

 

しかし、体重が減るといっても筋肉がなくなって、脂肪が増えるので、かえって体脂肪率は上がってしまう事があります。
また、筋肉が減ると基礎代謝量も低くなるので、太りやすい状態にもなります。

 

 

 

2.満腹感を感じ無くなる!?

 

食事制限の弊害は、筋肉量の減少や基礎代謝量の低下に限りません。
ある一定量食べると脳の視床下部にある満腹中枢から「もう食べなくてもいいよ」というサインが出ます。
食事制限を続けていると食べる量が減るので、満腹中枢は働けなくなり、もっと食べ物を摂れと命令する摂食中枢ばかりが頻繁に働くようになってしまいます。

 

満腹中枢と摂食中枢、この2つのバランスが取れているからこそ、正常な状態が保てるのです。
片方ばかりが働いている状態が長く続くと拒食症や過食症といった摂食障害にもなりかねません。
それだけではありません。脳機能は「もっと食べろ」と命令しているのに食べないのでイライラとしたストレスも募ります。

 

どうにも我慢ができなくなって食べてしまうと、満腹中枢が鈍くなっているために、いくら食べても満足できません。
しかも、今まであまり食べ物が入ってこず、飢餓状態になってしまっていた体は、次にいつ食物が分からないために次のように考えます。
"念のために栄養素をたくさん蓄えておこう"と。こうして、必要以上に栄養素を吸収してしまうのです。

 

このように、低カロリー食は、"太りやすい体"を作ってしまうのです。
ずっと低カロリー食を続けていけば太りません。が、そう長くは続かないでしょう。
目標体重になったからと、食事を元に戻した途端、ダイエット前よりも太ってしまう結果になり兼ねません。
ダイエットに失敗して起こる、"リバウンド"と呼ばれる原因がこれです。

3.リバウンドのないダイエット方法

 

低カロリー食が引き起こすリバウンドの仕組みについて、理解してもらえたでしょうか。
食事を我慢しなくてならず辛い上に、リバウンドの危険もある低カロリーダイエットはオススメできません。

 

では、本当に痩せたいと思ったらどうしたらイイのでしょうか?
一般的に考えれば、運動すればいいだけです。しかし、忙しい現代人が痩せられる程の運動を続けるのは至難の業です。
食べる量を減らすこと無く、継続的なトレーニングもせずに痩せる方法があれば、試してみたいと思う人は多いでしょう。
「そんな夢のような方法なんてあるわけないよ」と、諦めている人もいることでしょう。

 

確かに、ひと昔前ならば、夢のような話で終わっていました。
しかし、今の時代、食べる量は減らさず継続的なトレーニングも必要ない、そんなダイエット方法があります。
その鍵を握るのが、"インシュリン"です。

 

今も作られ続けている隠れシミに即効性で対応する為には美白化粧品との併用をおススメします。美白化粧品に配合されている成分はシミの基となるメラニンの生成を抑制してくれます。
見えないか隠れシミとは、紫外線によるダメージで肌に内側にできているシミのことで、まだ見えない状態のシミのことです。

4.食べて痩せる鍵となるGI値

 

"GI (ジーアイ)" 値
この言葉を聞いたことがあるでしょうか?
"グリセミック・インデックス"の略で、食べ物がブドウ糖(グルコース)に変わって、血糖値を上昇させる速度を測定して数値化した指数です。

 

ブドウ糖を100として測定された数値と、食パン(生成白パン)を100にした数値がそれぞれ米国で公表されています。
しかし、その数値は欧米で調べられたもので、日本の食生活の現状には合っていません。
そこで、日本では独自に調べたGI値が使用されています。
GI値が注目され始めてから、様々な数値がネット上などで公開されていますが、参考するときには注意が必要です。

 

まず、GI値は相対的なものであるということ。
つまり、食品自体を分析して測定されたものではないのです。
ある被験者がブドウ糖を摂取した時の血糖値の上昇スピード100として、それに対する他の食べ物の上昇スピードを測り、相対的な比として数値を出します。
対比の数値なので、「白米と食パンではどちらの方がGI値が高いのだろう?」という使い方は可能です。しかし、「白米のGI値は84で食パンが91だから、両方食べると175になるのか…」とは使えません。

 

また、元々の基準が違う別々のGI値リストの数値は比較できないという事も覚えておく必要があります。
GI値は食材の種類によっても変わってきますが、同じ食材でもどんな形で摂取するか?によって変わってきます。
お米でも、白米か玄米かで変わりますし、小麦もパスタかうどんかで異なります。

 

一緒に食べるものによってもGI値は変わります。
"GI値が低い食べ物を選ぶことで、血糖値を低く保つことができる"、これが低インシュリンダイエットの基本です。
GI値が高い食材を出来るだけ避け、GI値の低い食べ物を積極的に摂取するようにすれば良いのです。
そうすることで、食べて痩せるという理想のダイエットが可能となるわけです。

お気に入り

リピート注文率93.6%!今ネットで大人気の増強サプリメントがバリテインです!その激安情報をご紹介します。バリテインを使ってより男らしくビッグになりませんか?
増大サプリメント「バリテイン」と「ゼファルリン」。それぞれにどのような成分が含まれているのかを比較しました。
バリテインの成分と言えば、 『115種類の増大成分と86種の発酵成分』. 重なってる成分もありますが、 成分数NO1と言われるのも納得です。 これだけたくさんの成分が日本人の体質に合わせて配合されてるからかなり期待度大!です。